え~今年最初の更新になりますよっと!
遅くなりましてスミマセンデス。

近況としては自宅の水道管が破裂して一部屋丸ごと水浸しに!!
先週熊本に訪れた寒波による水道管の凍結が原因みたいですね~
さらにトイレの水まで出なくなってしまい色々バタバタした週でした。
トイレはバルブの不調だったのでこれは自力で直しましたデス(こーみえても
衛生・給水の施工知識はあるんですよ~)。

で、雑談は置いときまして今週はいよいよWF2016冬ですね!
私は行けませんがディーラー各位様健闘を祈っております!
夏のイベントは出るかもと言っておりましたが現段階としては
私の都合というか問題というか色々とありましてまだなんとも
言えない状況になります。
ワンフェスだけとはいわず、どーにかこーにか年内の造形イベントに
一つでもディーラー参加できればと考えてる次第です。

製作の方は例のごとくあまり進んでおりませんので
最近入手した造形に役立ちそうなアイテムの紹介をしますね~


じゃん!
IMG_0010_201601311046329ac.jpg

えーとホライジングにて入手しました
アナトミーフィギュアになります。
いくつか種類がありましたが美少女系がメインですので女性の半分筋肉の
やつをチョイスしました。
ではザザッと紹介↓

IMG_0016_20160131104636c72.jpg
IMG_0019_20160131104650a27.jpg
IMG_0020_20160131104652b6d.jpg
IMG_0015_20160131104633928.jpg
IMG_0011_2016013110461167c.jpg
IMG_0009_20160131104630ce5.jpg
IMG_0018_20160131104616b28.jpg
IMG_0017_20160131104614721.jpg
IMG_0012_20160131104614f83.jpg

箱はこんな感じ
IMG_0006_20160131104653ca7.jpg


かなり精巧な出来です。ちょいと気持ち悪いくらいw
造形のためにと買いましたがこれは筋肉の位置などを
覚えるのにかなり参考になるかと思いました。
女性のアナトミーフィギュアはあまり見ないので
少々お財布に優しくない価格ですが買ってよかったかと。


そんなこんなでぼちぼちキリシマさん作っておりますので
気長にお待ちを~
スポンサーサイト
2016.01.31 / Top↑
マイニチアツイデスネ~
この前閉めきっていた模型部屋の室温確認したら
40℃もあったよw

も~なんなん?この温度?


で、まったく製作の方が進んでいませんのでちょいと小ネタの話とかしますね。
この前のWFにてキット見本を展示してたんですがスカートのクリアパーツの
複製についてちょい質問とかありましたのでうちのクリアパーツの複製について
説明したいと思います。

方法と材料は以下になります↓

レジン: 日新レジン ホビーキャストNX透明 (価格の割に量が少ないのが難点・・・)

注型方法: 常圧手流し

基本的に他の手流しと変わりませんが注意することはなるべく新しいレジンを使用
するのと撹拌するときに泡をたてないようにすることですね。
あと大事なのが湿度と温度の管理になります。
夏場はエアコンの除湿で湿度を下げてから注型してます(厳密に湿度下がってるかわからないけど・・・)。
あとこのレジンはウェーブのアイボリーとかと比べると粘度が高いので
なるべく室温を下げて硬化時間を遅らせます。

粘度が高いので注型中に硬化してしまうことがありますのでやや大きい部品等は
レジンの流路をいつもより大きく取った方がいいと思います。
以前安価ということもあってボークスのクリアレジンを上記の方法で使用しましたが
気泡が多く発生しとても使えたものじゃなかったので
脱泡機が必須のレジンだと思いました(あとほんの少し部品に黄ばみが…)。
まぁ今のところ注型方法が常圧手流しなら日新レジンをお勧めします。


で、上記の方法で成形した反転十香のスカート
IMG_0002_201508071821120d9.jpg

このくらいの大きさでも問題なく流れてくれます。
あとはやはり手流しなので多少気泡が発生します
ただ個人的には脱泡機が無いのを考慮するとこのくらいの気泡まぁいいんじゃないかと思ったりします。
まぁ後々脱泡機は必要になってきますね~
あと成形品はやや濁ってますが細かいペーパーで仕上げてクリアーを塗装するとかなり透明になるよ!
2015.08.07 / Top↑
製作中かなり粉塵が出てこのままでは肺がヤバイッ!と思い
塗装ブースに少し手を加えて簡易集塵ブース作りました↓

IMG_0002_20150222092554485.jpg

IMG_0003_201502220926000ff.jpg

右が集塵用、左が塗装用のダクトになってマス。
塗装ブースを製作したときに吸込み口を2つ作っておき
集塵用ダクトを追加で接続といった感じなのでたいした手間は
掛かってないデスネ~
ちなみに接続はフランジになっており取り外しが容易になってます。

試にリューターでファンドを削ってみたところそこそこ吸ってたので
まぁまぁいいかと。
2015.02.22 / Top↑
塗装ブースの改造が完了しましたデス

gazou42.jpg

写真は換気扇部分(ブースの心臓部)になり、改造というよりほぼ作り替えですね。
構造は手前が吸い込み側、奥が排気側になっておりまして今回の改造の目玉といいますと…

吸い込み口が2つになってます!!

なぜ2つかといえば、製作の際に原型用と塗装用に別々の机がありまして原型製作時の
粉じん対策用に塗装机に設置している塗装ブースを一時的に移動してたりと
結構煩わしかったので一台二役できるようにするためになりマス。
ちなみに上の写真では片方が塞がれていますがもう一つ用のダクトをまだ用意してないんですね…
2つだとなんか吸引力半分になりそうなんでとうぶんはこの状態になりますね~(暫くは塗装しないと思うし…)

接続は(排気側も含め)フランジになっており本体部も含めビス止めになってましてメンテもかなり楽になりますねw
材料は発泡PPプレートというやつがメインでフランジの座管は塩ビ管になってます。
2014.02.18 / Top↑
6年くらい使っている自作の塗装ブースがとうとう限界きまして一段落したこの隙に
全面改造を施そうと計画していマス。
元々が換気扇にダンボールを切り貼りしただけの非常にちゃちなものでして、その時は
急造品だったのでそのうちちゃんとしたものに作り替える予定でしたが6年も経ってしまいました…
も~隙間が多すぎて一旦吸ったミストを外ではなく部屋にまき散らすというカオスな状態になってますw
あっと一応図面は出来てますのであとはホムセンで材料調達だけになり鱒。完成斯うご期待ww

次回作なんですが…作り始めています…なにかを…www
2014.02.16 / Top↑
まとめ