上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夜刀神十香 反転ver 塗装&組立要領になります。
まずは組立要領からです。

説明書中の部品の左右(R、L)は一般的な認識と同じ(人間の左右と)になります。


● 部品番号㊴~㊶

裏面にA~Dの表示があります。
IMG_0008_20150731184536e6a.jpg




● 部品番号㉞~㉟

裏にR、Lと表示、矢印側が上
IMG_0004_201507311845041ab.jpg




● 部品番号㊱~㊲

R、Lの表示があるほうが前面になります。
IMG_0003_201507311844520ba.jpg




● 部品番号㉜~㉝

少し分かり辛いですがはめ合わせの凸(赤丸)があります。

溝に対して上に反っているのがL側
IMG_0009_20150731184522e37.jpg

溝に対して下に反っているのがR側
IMG_0010_20150731184619b5d.jpg




● 部品番号㉙~㉚

写真右が、左がになります。
IMG_0005_20150731184532239.jpg




● 部品番号

赤丸部の溝にが着きます。
IMG_0006_20150731184537848.jpg




● 部品番号

赤丸部の溝にが着きます。
IMG_0007_201507311845480dc.jpg




● 部品番号⑫~⑬

赤丸の方がになります。
IMG_0011_20150731184618682.jpg

取付位置は以下を参照願います↓
IMG_0013_2015073118461831b.jpg
IMG_0014_2015073118462357e.jpg




● 部品番号㊱~㊲と⑪

㊱~㊲と⑪の取付は資料を参考に取り付けてください。
取付位置の溝や穴がありませんので部品の接地面で接着するか
㊱~㊲と本体⑥をアルミ線等で接合してください(今回の展示品は接着にて対応、但し強度は低いです)。
IMG_0001 (2)




● 部品番号㊷~㊸

接合部の合せ目をパテ等で消してください。
裏面の溝に版権表示プレートが着きます。

注意
  これはこちらのミスで申し訳ないのですが台の板厚が少し薄いせいか
 本体を乗せた際に重量で台が少し反ってしましますので裏面に
 2㎜厚程度のプラ板を追加するか3㎜程度の真鍮線等で裏打ちし反らないように
 補強 してください。(今回の展示品は真鍮線で補強しました。)
IMG_0001_201507311845088b2.jpg
IMG_0017_20150731184603d3f.jpg


スポンサーサイト
2015.07.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://arakaruta.blog.fc2.com/tb.php/178-4957e01b
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。